2018.10.23:防音工事.net こだわりのBOX IN BOX! 空調改修工事!

こだわりのBOX IN BOX ! 防音工事.netです。 オーディオルーム、ホームシアター、ピアノ室、防音室、スタジオ、ライブハウス、カラオケルームなどお客様のご要望にお答えいたします。 防音工事.netは、5つの安心サービスで一貫した責任施工体制 で引渡しからアフターメンテナンスまでサポートいたします。 本日は朝霞台にあります、リトルかりんさんの空調改修工事にきております。 18年前に施工した物件です。ホール管理者の方から連絡があり現地を訪問しました。 ダクトの吹き出しから低音が聞こえるということでした。人の耳ではほとんど感知できない低い周波数の音でしたが録音作業を行う場合、マイクは低音のノイズを拾ってしまいます。 ダクト関係などを調査しましたがなかなか原因がわかりませんでした。 空調機の室外機を調べたところ防振ゴムが劣化していることが判明しました。 現地で防振ゴムを交換したところ低音のノイズを止めることができました。 今年の夏は外気温が40°近くまで上昇する日があり空調室外機の温度探知機が悪くなったため空調機のダクト工事を行うこととなりました。 通常空調機の寿命は10年程度ですがまだ現役で問題なく稼働しています。今回、ダクト工事に伴い空調機も新品に変更することになりました。 次回の空調機交換時に解体工事なしに簡単に空調機の交換が可能になるよう脱着が可能なパネルを設けます。   使用しているサッシはアイランドプロファイル製のサッシで非常に高い遮音性能を持っています。 このホールでは2重サッシとして使用していますがトータルでD50以上の遮音性能があります。 アコーステイックの楽器は外部ではほとんど感知することができません。 このホールは床がカリンで仕上げられており大変、響きのきれいなホールです。 音楽を再生する部屋では床の仕上げ材により響きが変わります。 今までの経験からピアノなどのアコーステイックの楽器にはカリンが適していると判断しカリンを採用しました。 個人のピアノレッスン室やレンタルのピアノレッスン室でも評判の良い素材です。 こだわりの BOX IN BOX ! 防音工事.net